アトリエピエロ

清水新也の世界は、きっと誰にも微笑を与え暖かい気持ちにさせてくれます

  • top1
  • top2
  • top3

HOME ≫ Blog

Blog

博多っ子純情

博多っ子純情
ぴぃは空の散歩が好きですが、遠くに行くときはもっぱら飛行機を使います。
年間30回ぐらいは乗るでしょうか。
 
福岡空港のように市街地の近くに降り立つ時もあれば、海の上に作られた空港もあります。窓からの景色は空港によって様々で、昼と夜でもまったく違います。その眺めも飛行機の醍醐味です。
 
今回、博多の天神にあるギャラリーで個展を開催しました。
空港から最寄りの天神まで地下鉄で10分で行けてしまいます。
福岡空港の利便性は全国でもトップクラスです。
 
画廊には何年も前に新也先生の作品を買っていただいた方が何人もいらっしゃいました。
もちろん案内状をお送りしていますが、ギャラリーでオーナーをしている久保田さんは、「福岡の人は義理堅いからお手紙を出すと来てくれることが多いんです」
と言っていました。
 
チューリップの歌に「博多っ子純情」という歌がありますが、その歌詞のなかでも情にもろい博多っ子の心情が歌われています。
帰りの最終便の飛行機から窓の外に目をやると、そこには博多の温かく優しい光が広がっていました。
 
By:ぴぃ
 

コメント

鳥取大丸清水新也油絵展
1月24日水―30日火
4階アートギャラリー

モバイルサイト

アトリエピエロモバイルサイトQRコード

アトリエピエロモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000261491.jpg