アトリエピエロ

清水新也の世界は、きっと誰にも微笑を与え暖かい気持ちにさせてくれます

  • top1
  • top2
  • top3

HOME ≫ Blog ≫

Blog

老舗の味

広島焼き
新也先生が個展で広島を訪れました。
広島と言えば「広島焼き」。一度は食べないと帰れませんよね。
今回訪れたのは昭和32年創業の「麗ちゃん」。
屋台時代から50年以上の歴史を持つ老舗です。
今でも行列ができる人気店です。
外側はパリっと中はふんわり柔らかな食感がたまらなく、キャベツも甘くてとってもジューシー。
お店の方に尋ねたところ、キャベツは季節によって仕入れる地域が違うそうで一年中美味しいキャベツを求めて全国行脚しているそうです。相当のこだわりです。美味しいはずですね。
一つ一つのこだわりが伝統の味を守りつづけているんですね。

写真を見ているだけで美味しそうなソースの香りがしてきます。
ぴぃも食べたい!

By:ぴぃ

春のおとずれ

ラナンキュラス
アトリエに春の香りが届きました。
ピンク色の可愛いお花たちがお部屋を明るくしてくれます。
中でも幾重にも兼ねられ花弁が魅力的なラナンキュラスは存在感があって素敵ですね。
ラナンキュラスは日本でも26種類もが自生しているそうです。
このラナンキュラスの花言葉は「晴れやかな魅力」
結婚式のブーケにもよく使われていますよね。
ぴぃもお花を見て癒されました~。



By:ぴぃ



どうぶつずかん

どうぶつずかん

水戸の個展もお陰様でたくさんの方にご来場いただきました。
ありがとうございました。
今回は水戸で出会った名古屋のお菓子をご紹介したいと思います。

何て可愛いフォルムでしょう[?]
ふたを開けたとたんに顔がほころび癒されました。
うさぎ、くまなど定番のもの、カッパやこあら、ぞうなどのあまり目にしないものも。
味はこしあんとチョコレートの二種類。
見た目にはわからないので、ロシアンルーレットのように楽しめます。
これからのお花見などでも持っていくと喜ばれそうですね。
食べるのがもったいないねと言いながらあっという間に空っぽになっちゃいました。

ぴぃはやっぱりひよこかな?
それって共食い???
ぴぃもやっばり花よりだんご!

By:ぴぃ

水戸の梅まつり

0000264610.jpg

日本3名園のひとつ、水戸の偕楽園は梅の名所としても有名で、園内には約100品種3000本の梅が植えられています。
今年も2月20日から3月31日まで偕楽園では119回梅まつりを開催しています。
これからの時期、3月上旬から中旬ぐらいに見ごろを迎えます。

毎年梅まつりが水戸の個展の時期と重なるため、時間を見つけて今年も行ってきました。
土曜日は風が強かったのですがたくさんの人が梅を見に来園していました。
首都圏全般はもちろん、東北からのナンバーも見かけます。

園内には紅白さまざまな梅が咲いていて、とても綺麗でした。
今年も春が来たことを強く実感しました。

歩いていたら水戸黄門御一行と遭遇!
黄門様のとなりには助さん、格さんもいます。
水戸光圀といば時代劇で不動の人気を誇る水戸のスターです。

周りにはたくさんの人だかりができていて、次々と記念撮影に応じていました。
ぴぃも一緒に写真を撮ってもらいました。

テレビで見るより若干若い黄門様でしたが、イメージ通り気さくで優しいお方でした。

もし新也先生が水戸のご当地作品を描くとしたら、梅と黄門様で決まりですね。

By:ぴぃ

寛ぎの空間

0000263349.jpg
新也先生が毎日通っているスパ&フィットネスのNAGOMI。
疲れた心と体を解きほぐしてくれる場所です。

健康な体を維持するためのトレーニング。
屋内でランニングを行うトレッドミルでは毎日10km走っています。
全身の各部分を鍛えるウェイトトレーニングも欠かさず行います。
毎日の日課になっているとはいえ、ぴぃにはとても真似できません。

そして火照った体をクールダウンしてくれるのが屋内プール。
ゆっくりとリラックスして泳ぐことで、固まった筋肉がほぐれていきます。
プールのとなりにあるのがNAGOMI自慢の光るジャグジー。
新也先生一番のお気に入りの場所です。

気泡が疲れた体を優しく包み込んでくれて、マイナスイオン効果で気持ちもリラックスします。

ぴえろやふくろうの作品でたくさんの人の心を癒している新也先生自身の癒しをご紹介しました。

By:ぴぃ

来来憲のトンテキ

とんてき

今や四日市の名物ともなっているのが「四日市とんてき」。
とんてきとは豚肉のステーキを意味します。

その発祥と言われているのが、四日市市内にある中華料理の「来来憲(らいらいけん)」。
メニューは四日市名物の「大とんてき」が人気ですが、中華料理屋だけあってメニューも豊富。

分厚い豚の肩ロースを、一部分を切り離さないように切られているのが特徴です。
例えるならバナナのような、グローブのような…。想像できますでしょうか。

表面はこんがりと焼き色がついていて、見た目だけでも食欲をそそられます。

実際に口に入れると、肉はほくほく柔らかくて、秘伝のブレンドソースににんにくの風味も効いていてとてもジューシー。
けっこうなボリュームなのですが、美味しいので新也先生も一気に食べてしまいました。
付け合わせのキャベツもソースに絡めて一緒に食べるとグッド!

店内を見渡すと、お子様連れのご家族もたくさんいて、大きなお肉を小さなお口にめいっぱい入れて美味しそうに食べていました。
美味しいものを食べた時の幸せは大人も子どもも変わらないですよね。


By:ぴぃ

さっぽろ雪まつり

札幌
冬の北海道。
暖かいところが好きなぴぃにとっては二の足を踏んでしまう北の大地です。

今回生まれて初めて冬の札幌を訪れました。
到着したのはもう日も暮れて街灯がつき始めた頃。
市内にもかかわらず歩道には所々雪が高く積まれていて、空には雪がちらついていました。

週末の大通公園。毎年この時期には「さっぽろ雪まつり」が開催されます。
夜にもかかわらず週末の大通公園は大勢の人で賑わっていました。海外からの観光客の姿もたくさん。

テレビ塔前の会場にはテントが立ち並び、北海道のPRやいろんな地元の食べ物が売られていました。
雪まつりといったら真っ先に思い浮かぶのが雪と氷のオブジェ。
さまざまな形をした彫刻は色とりどりのイルミネーションで彩られています。

ちょうどテレビ塔の正面にはステージが作られていて、ステージのバックが神殿を思わせるような巨大な氷の作品でできていました。
時間が経過すると、ライトアップの色も変化して様々な表情を見せてくれます。
大勢の職人さんがかなりの時間をかけて作ったのでしょうね。

昨年、雪像に映したプロジェクションマッピングが大好評だったらしく、今年も巨大な春日大社の中門やJRAの馬の雪像に映像が映しだされました。
雪像の輪郭をぴったりとらえた映像が次々に展開されていって、ほんの2、3分の映像ですが寒さも忘れて立ちつくして見とれていました。

雪まつりの期間を見たら2月5日~11日のほんの1週間。
タイミングのよさにもびっくりです。

雪国、札幌ならではのお祭りを堪能することができて、以前よりも少し寒さに強くなったぴぃでした。

海の幸

海の幸
徳島県の鳴門市にある「びんび屋」。
徳島の観光ガイドブックに載っているぐらい超有名店です。
味も美味しく気軽に新鮮な海鮮を食べることができるので、地元の方もこのお店を訪れます。

お魚好きな新也先生としては、せっかく徳島に来たのなら美味しい海鮮料理を食べて帰ろうということで「びんび屋」に立ち寄りました。
海に面した国道沿いにある海鮮料理のお店なのですが、お土産なども買えるため駐車場は車でいっぱいでした。
日によっては長い行列ができることもあるそうです。

お刺身はブツ切りのような厚さで食べ応え抜群。
鮮度も抜群。人気店なのがよく分かります。
そして鳴門といえばわかめ。大ぶりのわかめがたっぷり入ったわかめ汁はこのお店の名物です。

東京でも美味しいお魚は食べることができますが、新也先生が子どもの頃から親しんでいる瀬戸内海のお魚を食べると心も体も元気になります。
ぴぃは徳島名産のすだちを醤油に絞って食べるお刺身が好きです。すっきりとした香りが広がって、夏などは特に爽やかに味わうことができます。
すだちはクエン酸が豊富なので、疲労回復に効果的です。

お腹いっぱい大満足で走った瀬戸内海沿いの風景はすごく綺麗でした。

By:ぴぃ

水耕栽培

水耕栽培
先日アトリエに見慣れない水槽のようなものが届きました。
新しい熱帯魚を飼うのかなぁと思って新也先生に聞いたら、「水耕栽培」用のケースとのこと。

水耕栽培とは土の代わりに、栄養をたっぷりと含んだ液体肥料と水でつくる養液を使用して野菜を育てます。
野菜が育つ環境を機械が自動で管理してくれるので、土で育てるよりも生育が早いといわれています。

個展でアトリエを空ける機会の多い新也先生も安心して野菜の成長を見守ることができるというわけです。

いま育てているのはイタリアンパセリ。
2週間ほどで発芽して、40日ほどで収穫できるそうです。
種を蒔いてからまだ5日ぐらいですが、種が割れて芽らしきものが顔をのぞかせ始めました。

1ヶ月後にはどんな感じになっているでしょうね。
その時はまたブログで結果を報告したいと思っています。

By:ぴぃ

吉夢

富士
会心の一枚が撮れました。
先日、新也先生が飛行機の窓から携帯で撮った一枚です。

冠雪の富士山の眺めは綺麗ですね!
写真を見るだけで光と影のコントラストが素敵だなと思います。
ここをスキーで滑降したら気持ちいだろうなと思う人もいるのではないでしょうか。

火口のくぼみも可愛いです。
小さく見えますが、実際お鉢巡りをすると1周1時間半ぐらいかかります。
でも歩いている最中はとても気持ちいいですよ。


縁起のいい初夢として知られている一富士、二鷹、三茄子。
ぴぃも寝る前に富士山を思い描いて目を閉じたことがありますが、まったく関係ない夢で目覚めました。
実際初夢に富士山を見たことある人はいるのでしょうか。

ぴぃの夢を見た人がいましたら大吉運です。

実は、明日1月20日は新也先生のお誕生日です!
おめでとうございます☆
新也先生にとっては新しい一年の始まりの日でもあります。

誕生日の夜はいったいどんな夢を見るのでしょうか。

By:ぴぃ

西武福井店本館5階美術画廊
夢とロマンを求めて清水新也油絵展 9月26日ー10月2日



 

モバイルサイト

アトリエピエロスマホサイトQRコード

アトリエピエロモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!