アトリエピエロ

清水新也の世界は、きっと誰にも微笑を与え暖かい気持ちにさせてくれます

  • top1
  • top2
  • top3

HOMEBlog ≫ さっぽろ雪まつり ≫

Blog

さっぽろ雪まつり

札幌
冬の北海道。
暖かいところが好きなぴぃにとっては二の足を踏んでしまう北の大地です。

今回生まれて初めて冬の札幌を訪れました。
到着したのはもう日も暮れて街灯がつき始めた頃。
市内にもかかわらず歩道には所々雪が高く積まれていて、空には雪がちらついていました。

週末の大通公園。毎年この時期には「さっぽろ雪まつり」が開催されます。
夜にもかかわらず週末の大通公園は大勢の人で賑わっていました。海外からの観光客の姿もたくさん。

テレビ塔前の会場にはテントが立ち並び、北海道のPRやいろんな地元の食べ物が売られていました。
雪まつりといったら真っ先に思い浮かぶのが雪と氷のオブジェ。
さまざまな形をした彫刻は色とりどりのイルミネーションで彩られています。

ちょうどテレビ塔の正面にはステージが作られていて、ステージのバックが神殿を思わせるような巨大な氷の作品でできていました。
時間が経過すると、ライトアップの色も変化して様々な表情を見せてくれます。
大勢の職人さんがかなりの時間をかけて作ったのでしょうね。

昨年、雪像に映したプロジェクションマッピングが大好評だったらしく、今年も巨大な春日大社の中門やJRAの馬の雪像に映像が映しだされました。
雪像の輪郭をぴったりとらえた映像が次々に展開されていって、ほんの2、3分の映像ですが寒さも忘れて立ちつくして見とれていました。

雪まつりの期間を見たら2月5日~11日のほんの1週間。
タイミングのよさにもびっくりです。

雪国、札幌ならではのお祭りを堪能することができて、以前よりも少し寒さに強くなったぴぃでした。

西武福井店本館5階美術画廊
夢とロマンを求めて清水新也油絵展 9月26日ー10月2日



 

モバイルサイト

アトリエピエロスマホサイトQRコード

アトリエピエロモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!