アトリエピエロ

清水新也の世界は、きっと誰にも微笑を与え暖かい気持ちにさせてくれます

  • top1
  • top2
  • top3

HOMEBlog ≫ 片岡球子展 ≫

片岡球子展

片岡球子展
またまた展示会のご紹介をしたいと思います。
今週は皇居近くにある東京国立近代美術館で開催されています片岡球子展です。
球子先生と新也先生はゆかりがありまして、実は大学時代にご教授いただいたことがあるんです。
当時からピエロを描いていた新也先生に「人物を描くのは難しいけれど、面白くて止められない。誰に何と言われようが、あなたもずっと描き続けなさいね」とおっしゃってくださったそうです。
球子先生もたくさんの人物を描かれています。歴史上の人物や歌舞伎役者、浮世絵師など様々です。緑色の顔は人間の静脈を描いているんだそうです。ちょっと怖いような。

展示会でもっとも印象的だったのは山を描いた作品です。色彩豊かでパッチワークのように様々な色が使われており、山肌は細かな点で表現されています。
木々は一本一本、色はもちろんのこと質感までまるで違います。
色使いは大胆、でも一つずつは細やかで、見ていて飽きることがありません。

5月17日まで開催していますので、是非見ていただきたいです。
ぴぃはゆっくり皇居をお散歩しようかな。

By:ぴぃ
2015年04月17日 16:23

旭川 雪の美術館画廊 清水新也油絵展 2月6日(水)‐11日(月)全日サイン会


 

モバイルサイト

アトリエピエロスマホサイトQRコード

アトリエピエロモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!